富士市の整体・カイロならファーストカイロプラクティックへ!

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

富士市ファースト・カイロプラクティックカイロプラクティックは1895年にアメリカで誕生した手技療法で、「カイロ」は「手」を、「プラクティック」は「施術」を意味するギリシャ語です。身体の構造と機能に注目した専門医療で、主に脊椎を調整することにより神経機能を正常化し、機能向上を促し痛みの軽減や自然治癒力を高めることを目的とした自然療法です。

薬や手術を必要とせず、身体に負担が少なく、腰痛、肩こり、頭痛などの症状に高い効果を発揮します。

WHO基準のカイロプラクティック

日本にはカイロプラクティックの法律がありません。そのため施術者の技術は玉石混交としています。昨今では非WHO基準の未熟な施術家による怪我による被害も、国民安全センターに多く寄せられています。日本はこのような状況ですが、WHO基準(国際基準)のカイロプラクティック専門教育機関で(4200時間以上の基礎医学とカイロプラクティック学や臨床など)学んだ卒業生は、国際的に認められたカイロプラクターであり、その技術と安全性は第三者機関(日本カイロプラクティック登録機構)にも認められています。

当院の院長もWHO基準カイロプラクターですので、安心して正規のカイロプラクティックを受けていただけます。

カイロプラクティックの適応症

下記がカイロプラクティックの代表的な適応症です。WHO基準カイロプラクターは、患者様の利益を第一に考え、カイロプラクティックの禁忌症である癌、血液の病気、伝染病などの場合、カイロプラクティックは行わず、専門機関への紹介を行っています。

腰痛、頭痛、肩こり、四十肩、五十肩、猫背、背中のいたみ、しびれ、股関節の痛み、手足の痛みやしびれ、生理痛、便秘、自律神経のみだれ、スポーツ障害、女性特有の症状、産前産後の諸症状 など、その他幅広く対応致します。

日本カイロプラクターズ協会 登録カイロプラクター

日本カイロプラクターズ協会日本カイロプラクターズ協会(JAC)は、世界カイロプラクティック連合加盟の、カイロプラクティック日本代表団体です。

カイロプラクティックの法律がない日本において倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。

当院の院長 松野 彰は、WHO基準カイロプラクティック教育機関である「東京カレッジオブカイロプラクティック」を卒業し、日本カイロプラクターズ協会に登録されています。

日本カイロプラクティック登録機構

日本カイロプラクティック登録機構日本カイロプラクティック登録機構とは、カイロプラクターを登録する独立組織で登録対象者は世界保健機関(WHO)ガイドラインに準拠した教育プログラムを修了したカイロプラクター登録試験(JCR登録試験)の合格者です。

カイロプラクター登録試験は、第三者試験評価機関である、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)から提供された厳しい試験です。WHO基準カイロプラクティック教育機関で修得した者のみが受験資格があります。

JCR登録者名簿は、厚生労働省や関係省庁へ提出され、安全なカイロプラクターが国レベルで把握されることを目的にしています。


電話で予約

オンライン予約